女を夢中にさせる会話術 -The Power Word-

2010年12月13日 (月)

女を夢中にさせる会話術 -The Power Word-

女を夢中にさせる会話術 -The Power Word-

男と女では恋の入り方に違いがあるのを知っていますか?

簡単に言うと、男はスイッチで女はボリュームなんです。

男は女性を目の当たりにした瞬間に火が付きます。

丁度、蛍光灯のスイッチをパチッと入れるような感じです。

スイッチが入った女性にはとことん食らい付きますが、入らなかった女性の事は見向きもしないし、後からスイッチが入るという事は殆ど御座いません。

対して女性は瞬間的にスイッチが入るのではなく、ステレオのボリュームを回すように徐々に徐々に高まって行きます。

第一印象が低かったとしても、そこからジワジワとボリュームを回す事ができれば、最終的には性の対象として見るようになります。

これには生物学的な理由が幾つかあるのですが、簡単に言うと、オスは数多く子孫を残す使命を持っていて、メスは優秀な1人の子孫を残す事が目的だからです。

女性は唯1人の男性を必要としているので、男のように単純にはいかず、人柄、自信、価値…等総合して判断する為どうしても時間がかかります。

そして、時間をかけて行う判断材料にコミュニケーションを使うのですが、中でも会話から多くの情報を得ています。

人間の定義は「会話する生き物」と言われているのですが、それ程会話は人間の中で発達した伝達方法であり、音楽、テレビ、電話等、現代では何を表現するにしても言葉が大きな力を持つようになりました。

女性が男性を識別する時も会話コミュニケーションを重宝します。

もし貴方が、女性の選別本能に基づいた会話コミュニケーションをとることが出来るようになれば、好きな女性を心から楽しませ、その他大勢から一歩抜けだし、友達の壁を越えて、男と女の関係へと進むことが出来るようになります。

逆に貴方がいつまでたっても、ありきたりでごく平凡な、詰まらない会話をしつづけるならば、女性は貴方に関心が無くなり、他の男に取られるのをただ呆然と見守るだけになってしまいます。

まず最初に言っておかなければならないのは、このマニュアルは女性の興味を自分に向けるものであって、人間関係を構築するとか、友達を数多くつくるものとはまったく別次元だという事を理解して下さい。

根本的なコミュニケーションスキルを磨きたいのであれば、本屋さんで心理学の先生が書いたものでも買って勉強して下さい。

これからお伝えするノウハウは、対女性の会話であって、友達の壁を超え、最短で彼氏候補のアンテナをピンと立たせるための秘密兵器です。

そして、1つ気を付けて欲しいのはこのマニュアルで使用している会話を友達や仕事では使わないで下さい。

女性を恋愛モードにさせる会話というのは、基本的に男性から見るとムカついたり、ストレスがかかる事ばかりです。

もしマニュアルの会話を貴方のをベースにしてしまうと、周りから嫌われてしまう可能性があるので、くれぐれも男女で使い分けるようにして下さい。

そして、本題に入りますが、このマニュアルは会話を「質問する」「語る」「受け答える」という3つのカテゴリに分け、わたしのノートから選りすぐった56個のサンプルを使って、貴方の頭がスッキリするよう詳しく解説して行きます。

勿論そのサンプルをそのまま丸パクリして使う事もできます。

ただ、わたしはパクッて使って終わるという事をマニュアルのゴールにしていません。

先程から生物学のお話をチョコチョコしていますが、女性の根本的な思考パターンを貴方の脳ミソにインストールして、貴方のキャラを最大限に発揮した会話を自ら作り出せるようにして行きます。

更に会話の内容だけじゃなく、コミュニケーションの基盤となる「話し方」についても言及しきますので、貴方の会話そのものの底力を上げることが出来るようになります。

無料出会い系サイト Gallingual secrets 出会いを量産する携帯電話活用法

無料ブログはココログ